• 株価情報

IR情報 Investor Relations

ディスクロージャーポリシーの基本方針

情報開示に関する基本方針

当社は全ての株主・投資家の皆様に対して迅速かつ公平な情報開示を行うため、証券取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則を 遵守した情報開示を行います。また、上記の適時開示規則等に該当しない情報に関しましても、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を及 ぼすと考えられる重要な情報につきましては積極的に情報開示に努めてまいります。

情報の開示方法

当社は東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は同規則に従い、同取引所の提示するTDnetに登録します。登録後には報道機関等に同一の情報を提供するとともに、速やかに当社ウェブサイトにて資料掲載を行うよう努めてまいります。

沈黙期間について

当社は決算(中間および四半期を含みます)情報の漏洩を未然に防ぎ、公平性を確保する事を目的とし、決算締め日の2週間前から決算発表日までを沈黙期間とし、業績に関するご質問の回答、同じく一切のコメントを差し控えさせて頂きます。ただし、沈黙期間に適時開示 に該当する事象が発生した場合は適時開示規則に従い、公表いたします。

業績予想

当社は、定期的な業績開示や適時情報の開示を行う事により、株主・投資家の皆様の便宜を図ることを心掛けております。当社が発表する 開示資料において、将来の計画、見通し、予測につきましては発表時点で入手可能な情報に基づくものであります。これにより実際の業績 はこれらの業績見通し等とは異なる結果となり得る事がありますので全面的に依拠することはお控え頂けますようお願い致します。 また、開示資料は当社をより深くご理解頂くためのものであり、必ずしも投資をお勧めするためのものではございません。

当ウェブサイトにおける当社の情報の検索にあたりましては、
この項目のみでなく、別途掲載しております免責事項も合わせてご参照下さい。

免責事項をみる